【誰でも分かる】FSSC22000とは?ISOやHACCPとの関係も!

この記事では、FSSC22000について「誰でも分かる」をテーマに解説していきます。

また、FSSC22000とセットで知っておきたいISO22000やHACCPといった言葉やそれぞれの特徴なども併せて紹介していきます。

FSSC22000とは?

「FSSC22000」とは、「ISO22000」を基に、さらに強固にした食品安全マネジメントシステムの国際規格です。

「Food(食品)Safety(安全)System(システム)Certification(認証)」という言葉の頭文字を取り、FSSC22000と名付けられています。

ですが、この説明では、なかなかその中身を理解するのは難しいです。

FSSC22000を正しく知るために、まずは「ISO22000」を知らなければなりません。

ISO22000とは?

「ISO22000は食品安全マネジメントシステムに関する国際規格」と説明することができます。

ですが、もう少し誰でも分かるように、「ISO(22000)」と「マネジメントシステム」という2つの要素に切り分けて見ていきましょう。

ISOは国際規格のこと

まず「ISO(22000)」とはなんなのでしょうか?

ISOは、「International Organization for Standardization(国際標準化機構)」というスイスのジュネーブに本部を置く非政府機関の略称です。

ISOでは、様々な製品や分野で「国際的な基準(国際規格)」を制定しています。

あまり馴染みのない事柄に思えますが、ここで実際に普段目にしているISO規格を紹介しましょう。

例えば、クレジットカードやキャッシュカードのサイズが発行元によってバラバラだったらどうでしょうか?

常に携帯したいカードでも、ものによっては財布に入らないということが起きたり、カードケースを買おうとしても、カード1枚1枚のサイズがバラバラだから困ったりということが起きると思います。

でも、そんなことが起きないのはカードサイズにISO規格(国際規格)が存在しているからなのです。

このようにISO規格(国際的な基準値)は、実は身の回りにたくさん隠れており、みんなが生活しやすくなるように助けてくれています。

マネジメントシステムとは?

次に、マネジメントシステムです。

マネジメントとは、「組織において何かを実行するときの計画~実行までの一連の機能、管理」のことを指します。

システムは「仕組み」という意味なので、マネジメントシステムとは「組織を管理するための仕組み」と説明することができます。

上記を踏まえると、「食品安全マネジメントシステム」とは「食品の安全を管理するための仕組み」と言い換えることができるでしょう。

ISO22000を一言で説明するなら

*⑴ ISO22000は *⑵ 食品安全マネジメントシステムに関する国際規格のこと。

*⑴ISO22000→国際的な基準(国際規格)

*⑵食品安全マネジメントシステム→食品の安全を管理するための仕組み

 

つまりISO22000とは、「”食品の安全を管理するための仕組み”に国際的な基準を設け、共通認識として見えるようにしたもの」ということになります。

分かりやすくFSSC22000を説明すると…

pixta_55382665_M

 

ISO22000が理解できれば、FSSC22000を理解するのも簡単です。

最初に記述したように、FSSC22000はISO22000を基に、さらに強固にした食品安全マネジメントシステムの国際規格のこと。

つまり、ISO22000をさらにパワーアップさせた、食品の安全を守ための万国共通の仕組みがFSSC22000なのです。

ここまでが、FSSC22000の説明ですが、以下ではもう少し詳細にISO22000との違いやHACCPとの関係性などを解説していきます。

ISO22000とFSSC22000の違い

ISO22000をパワーアップさせたものがFSSC22000と説明しましたが、実際にはどのような違いがあるのでしょうか?

大きな違いは、FSSC22000の方が要求される事項が多いということです。

FSSC22000では、ISO22000に上乗せするかたちで、食品を安全に提供するためのサービスの管理、アレルゲンの管理、製品のラベル付けの在り方などを要求されます。

HACCPとの関係性は?

食品の安全を管理するための仕組みと言えば、HACCP(ハサップ)なども挙げられます。

FSSC22000やISO22000が、食品安全マネジメントシステム(食品を安全に提供するための仕組みづくり)であるのに対し、HACCPとは食品を安全に提供するための一つの方法となります。

そのため、HACCPはISO22000に内包されるものとして見られ、ISO22000やFSSC22000の認証を得ようとするのであれば、実践していかなければいけないものとなります。

まとめ

FSSC22000について「誰でも分かる」をテーマに、その中身やISO22000やHACCPとの違いなどを解説しました。

2020年までにはHACCPの義務化も決まっており、食品業界では今後益々の「グローバル基準の高い安全性」を求める声も多くなりそうです。

ぜひこの機会にFSSC22000なども正しく理解しておきましょう。

メールマガジン登録